教室の理念・代表挨拶

写真 2018-02-01 23 42 12.jpg

 

 

≪教室の理念≫

 

・全ての子どもの「できる」を信じる

 

・ 全ての子どもに挑戦する勇気を与える

 

・料理で日本中の家庭を幸せにする

 

・失敗を大切にして成長し続ける

 

 

 

≪代表挨拶≫

 

リトルシェフクッキング代表の武田昌美です。

 


 
未来ある子どもたちに料理を通じて自信を養い、
社会で生き残るためのサバイバル能力を培いたいと思い、一からお子様が作り、お母さまには傍で見守ってていただくお子様主体のお料理教室を始めました。


子どもたちが、一人で一から料理を行うことによる心の成長、それに伴い親御さんの「子どもに任せてみる」という心境の変化を大切にしています。


 
社会で必要な能力とは、①達成力、②自信(自己肯定力)、③挑戦力、④コミュニケーション能力です。


現在の幼児教育は、大人の指示を実行できる、いわゆるお利巧さんが推奨されています。


しかし、子どもは本来、いたずらが大好きで好奇心旺盛という素晴らしい才能を持っています。


この力をタイミングを逃さず育てることこそ、
子ども自身が自分を誇らしく思い自信を持ってほしいと願っています。


私は、これら4つの能力を「社会でのサバイバル能力」と捉え、子どもたちに料理を通じてその力を養っています。
 


夢は、「料理×教育=社会でのサバイバル能力」という新しい分野の
確立することです。

未来ある子どもたちに、私ができることを精一杯してあげたいと思っています。

 

 

 

リトルシェフクッキング株式会社  

 

代表取締役 武田 昌美